観察

走査型プローブ顕微鏡

走査型プローブ顕微鏡とはプローブを用いて、特別な前処理をすることなくナノスケールの表面観察を行うことが出来る装置です。AFM・DFMなど様々なモードがあり、表面の形状像や物性を得ることができます。
この講座では装置の概要と基本的な操作方法を学びます。

1

測定およびデータ解析方法

[ 00:22:00 ]

関連資料はありません

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.